以下の演目のほか、ご要望に応じて編成を組み合わせます。
お気軽にご相談ください。

津軽三味線

三味線は「細棹」「中棹」「太棹」という棹(三味線の木の部分、ネック)の太さで種類が分かれています。

歌舞伎の伴奏などに用いる長唄の三味線は「細棹、小唄・地唄・常磐津・清元・新内などに用いる三味線は「中棹」、義太夫や津軽三味線は「太棹」。三味線といっても楽器の大きさや曲、演奏方法によって全く違ってきます。もともと津軽三味線は門付け(家の玄関先で三味線をを弾いてお金やお米を頂く)や津軽民謡の伴奏楽器でした。最近は津軽三味線だけで演奏したり、洋楽器と一緒に演奏することも多くなってきました。それは津軽三味線の曲のほとんどがアドリブで他の楽器に合わせやすいからといえます。

津軽三味線

和太鼓

日本では古来、祭礼のときに用いられます。木をくりぬいて穴をあけたものに動物の皮を張って使います。多くは牛皮ですが、地域によっては豚や馬皮を使用する太鼓もあります。天の神様に祈りをささげ願いを込めて奉納されていたものが、次第に音楽として確立して様々な演奏演舞に用いられるようになりました。

和太鼓

篠笛

篠笛は古代インドで発祥した横笛が中国・朝鮮半島から仏教と共に日本に伝わった笛が原型と言われており、篠竹を乾燥させて穴を開けただけのシンプルな横笛です。日本ではお祭りのお囃子や民謡で使われています。鋭い音から柔らかい音まで、笛1管で様々な音を出すことが出来、基本的にタンギングを用いず、指使いで音に変化をつけ、それが篠笛の独特な雰囲気を生み出しています。

篠笛

南京玉すだれ

日本の伝統的な大道芸。竹に穴をあけて糸で結んだだけの簡単な作りの道具が変幻自在に変わります。軽妙な口上とともにお楽しみください。

南京玉すだれ

獅子舞

厄除け厄払いの神様としてお正月やおめでたい席に舞います。獅子に頭を噛まれると、その年一年の無病息災が約束されます。

獅子舞