Thumbnail of post image 112
中野 歩 広島県東広島市出身 三原市在住 和太鼓を中心とした演奏活動をしている。和太鼓以外に津軽三味線も取り入れ、和楽器の魅力、可能性を追求し、それらを表現できるよう日々稽古に励む。 黒瀬高校和太鼓部「養訓太鼓」に入部したことをきっかけに和 ...

Thumbnail of post image 142
愛知県出身。 9歳の時、「高棚まつり保存会」「和太鼓ユニット光」と出会い、祭りや地域での活動に参加する。 その後「Drum TAO」の舞台を経験したのち、新潟県佐渡島に拠点を置く「太鼓芸能集団鼓童」に2017年まで在籍。 現在は、東海地方を ...

Thumbnail of post image 144
福岡県で活動する和太鼓OTO.GATARIの代表と副代表であり夫婦。 国内は18/47都道府県演奏(現在全国制覇に向けて奮闘中)。 海外では2013年タイで開催されたエイズ国際会議・バンコク市内ツアー。 2018年タヒチ島にて日本人初の ...

Thumbnail of post image 112
千葉県佐原市生まれ。 囃子方の父親の影響で 9 歳より佐原囃子の笛を始め、中学入学と同時に佐原の大祭にて囃子方を務めるようになる。 2005年秋に千葉県友好使節団としてアメリカ・ウィスコンシン州で佐原囃子を披露したことがきっかけとなり、20 ...

Thumbnail of post image 116
<縁起良し芸人>和芸師 とも 長野県伊那市在住。 芸能プロ団体の経験を経てテレビやCM出演なども受けながら全国各地でイベント、学校公演、寄席を中心に活動。 縁起の良い『おめでたい!』をテーマに唄、獅子舞、神楽囃子、曲芸を主とし、 ...

Thumbnail of post image 071
米谷流尺八大師範 幼少の頃より 母(梅若啄泰)の影響を受け民謡を始める。 小学5年の時に 林佑喜雄師門下の山本佑昌師・佑佳師に尺八の手解きを 受ける。 平成8年に上京し米谷威和男師・小杉真貴子師の内弟子となり民謡・尺八の習得に励む。 200 ...

Thumbnail of post image 052
植木陽史(和太鼓) 香川県観音寺市出身。 和太鼓集団「鬼太鼓座」にて3年間修行。 2001年3月、自身が目指す舞台を創るために退座。同年4月、日本民謡京極流の門を叩き、津軽三味線・日本民謡の勉強を始める。 翌2002年1月に「和楽器演奏集団 ...

Thumbnail of post image 135
津軽三味線 小野越郎 秋田県仙北市生まれ。18歳より津軽三味線を山田千里師に師事し、本場青森県は弘前にて修行を積む。 劇団わらび座の三味線奏者として活動の後独立。 その後白石市に拠点を移し、伝統曲・自作曲を織り交ぜたソロ演奏の他、「和力」「 ...

Thumbnail of post image 098
1976年「佐渡の國鬼太鼓座」に入座。 1981年「鼓童」創設メンバーで、太鼓中心の舞台の中で独自の舞踊の世界を切り拓いている。 鼓童の舞台と同時に女性3人のユニット「花結」を立ち上げ、さらに新たな出会いを求め、ソロ・パフォーマンス「ゆきあ ...

Thumbnail of post image 092
中学校卒業後15歳で単身青森県弘前市に渡り、津軽三味線奏者「山田千里(やまだちさと)」の内弟子として4年間修業。山田千里流師範となる。 毎年青森県弘前市でおこなわれる津軽三味線世界大会ではA級個人戦3連覇を達成し殿堂入り。また津軽民謡の伝統 ...